羽子板・破魔弓

羽子板は「災いをはね(羽根)のける」お正月の厄払いとして、羽根つきを行うことで女の子の健やかな成長を祈願していました。現在は華やかな羽子板を飾ることで女の子の誕生と幸せを願い、初正月を祝う大切な飾りとなっています。

破魔弓は邪気を払う魔除けや厄払いのお守りとして古くから神社などで用いられていました。今では男の子の誕生を祝い、強くたくましく育ってほしいと願いを込めて初正月に飾っています。

 

羽子板

破魔弓

こちらに掲載の商品以外もご用意いたしておりますので、お問い合わせください。

◆営業時間 8:00-18:00 ◆定休日 年末年始、不定休0875-82-2814※不在の場合もありますのでご来店前にお電話いただけますと助かります。

メールでのお問い合わせ お気軽にお問い合わせください